建築士Tomikaのシンプルライフ

建築、ライフスタイルを中心に本や映画、モノについて発信するBlogです。

齋藤孝『頭の良さはノートで決まる 超速脳内整理術』。紙のノートを見直そう。 | 書籍レビュー

こんにちは!Tomikaです。
本日はノートの可能性が感じられる1冊、齋藤孝「頭のよさはノートで決まる」をご紹介します!

f:id:ToMiKa:20191109183512j:plain

 

 スマホ?ノート?何に情報を記録するか?

f:id:ToMiKa:20191109183402j:plain

皆さんは普段の出来事で気になったことや覚えておきたい情報を、どのようにしてまとめていますか?
スマホにメモをしたり、ノートや手帳に記録したりと、色々な形で記憶をしていると思います。

私も、Kindleやスマホの便利さに慣れてしまい、メモを取るときはデジタルでのメモが中心となっていました。記録もKindleのハイライト機能と自分のコメントをEvernoteにコピペして、自分用のメモとして保存しているくらいでしたが、特に不自由は感じていませんでした。
スマホを持っていれば、どこでもメモを取ることができるし、Evernote等のメモアプリを使えば、スマホで書いたメモの続きをPCで書くのも簡単ですからね。

ところが、この本を読んでから、あらためて紙のノートの良さを見直しました。
そのきっかけを与えてくれたのが、今回ご紹介する齋藤孝『頭の良さはノートで決まる 超速脳内整理術』いう本です。

私はノート術などが好きで、よく整理術やノート術などの本を購入するのですが、たまたま本屋さんで見つけたこの本を読んでみたところ「これは紙のノートをもっと活用しないといけないな」と思うようになりました。

今回ご紹介する齋藤孝『頭の良さはノートで決まる 超速脳内整理術』は普段、ノートを使わない方や、ノートを使っているが、もっと上手く使いこなせないかという人におすすめです。

 

ノートを使おうという気にさせてくれる本

f:id:ToMiKa:20191109183810j:plain

この本の著者である斎藤孝さんは「声に出して読みたい日本語」等の著書で知られている方です。最近ではニュースやバラエティー番組などにも出演されているので、皆さんも一度は見たことがあると思います。

齋藤孝さんの本は、とても読みやすく分かりやすい本が多いので、書店などでも目にする機会が多く、今回ご紹介した『頭のよさはノートで決まる』もすらすらと読める良い本です。

この本の中で紹介されている中で特に印象的なのが、2点ありました。

まず1つは、どのようにノートをとるかという”マインド”をきちんと意識すること。
ノートを取る時に「書く→考える→わかる」という理解しやすい言葉に自分の中で意味を咀嚼し、理解しやすくする方法です。

そしてもう一つが”再現性”という、理化したことや学んだことを自分が再現できるようなものとなっているかということ。
普段、私たちが授業やセミナーを受けた後に、はたして同じ内容が再現できるか?そういう視点で物事を捉えると、きっとウトウト居眠りをしている暇はないかもしれません。笑

そんな意識を持ってノートをとっていれば、自分の思考力や意識を鍛えることができると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、齋藤孝さんの著書『頭の良さはノートで決まる 超速脳内整理術』についてご紹介しました。
ノートというアナログな手法とスマホにメモするようなデジタルな手法、どちらが良い悪いというのではなく、両者の良い面を活かしていくことが、これからの私たちには必要なのではないでしょうか?
ひょっとすると、今までのやり方では思いつかなかった発想や考えが思いつくかもしれませんよ?

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

Tomika