建築士Tomikaのシンプルライフ

建築、ライフスタイルを中心に本や映画、モノについて発信するBlogです。

新しい習慣を続けるための環境づくり

こんにちは、Tomikaです!

皆さんは、何かを始めようとしたとき、3日坊主で終わってしまうことはありませんか?

私も3日坊主で終わってしまったことが、沢山あります。
そこで今回は「新しい習慣を続けるための環境づくり」というテーマで、どうしたら新しいことを続けられるかについて考えてみました。

 

 

なぜ新しい習慣が続かないのか?

新しいことを始めようと決めてはみたものの、なぜ新しい習慣が続かないのか?

それは新しい習慣が、まだ習慣になっていないから。

当たり前のことですが、これはとても重要なことです。
なぜなら、新しい習慣に対して、体(もしくは心)が慣れていないからです。
新しい習慣が習慣になる前に辞めてしまうから、習慣にならないのではないでしょうか。
新しい習慣が習慣になるには、体(もしくは心)が新しい習慣に慣れるまでの期間が必要になります。
3日坊主で辞めてしまうというのは、新しい習慣を始めた時のモチベーションが下がってしまい、その習慣を続けるのが面倒になってくることの、ちょうどターニングポイントになるのではないでしょうか。

 

新しい習慣を続けるには?

新しい習慣を続けるためにはどうしたらよいか?

私たちのモチベーションにはムラがあります。
気分が乗らない時は、どうしても新しい習慣が面倒になってしまい「今日はやめとこう」と思ってやめてしまい、それが続くと結局は3日坊主になってしまいます。

新しい習慣を続けるには、私たちのモチベーションに左右されない環境づくりが大切です。

新しい環境づくりには、以下の3つのポイントを意識してみましょう。
ここからは、朝のランニングを習慣にしようとした時を例にしてご紹介していきます。

 

形から入る

朝のランニングをしようと思ったときに、皆さんはどうしますか?
まずは走りやすいシューズを購入しようと思います。また、ジャージやトレーニングウェアなども購入したりして、習慣のための「形」を作ると思います。

まずは形から。

パジャマのまま仕事をするより、着替えてシャキッとした状態で仕事をする方が作業が捗るのと同じように、私たちは形によってモチベーションが上がったりもします。
新しい習慣を始めるにあたり、形から入るというのも大事です。

 

少しだけ始めてみる

「新しいシューズやトレーニングウェアも準備したが、なかなか続かない」という人もいると思います。

それは始める時の最初の一歩がハードルとなっているからです。
そういう時は、まずは着替えて外に出て少しだけ始めてみてはいかがでしょうか?
着替えて外に出てみると、せっかくだから少しランニングしてみるかという気持ちになるのではないでしょうか。
そうして何日か続けていけば、きっとランニングをしないと落ち着かない気持ちになると思います。

ぜひ「少しだけ始めてみる」ということをしてみてください。

 

続けるための大きなゴールと小さなゴールを作る

テレビやスマホゲームなど、私たちは楽しいことに関しては積極的に取り組みますが、楽しくないことに関しては消極的になってしまいます。
人は誰でも楽しいことをしたいと思うものです。
せっかく習慣として始めたランニングも、楽しくなければ継続できなくなってしまいます。
そこであなたがランニングを始めた大きなゴールと小さなゴールを改めて考えてみてください。

 

大きなゴールを設定しよう

きっと体力づくりや健康など、ランニングを習慣にした大きなゴールがあると思います。
その大きなゴールを数値化し、目標を明確にしてみてください。
例えば「体重を○○㎏、体脂肪を○○にする!」など、明確な指標をゴールにしてください。

「体力づくりや健康になりたい」という理由も良いと思いますが、目標をもう少しブレイクダウンし、明確な指標にするとやる気が起きるのではないでしょうか。

 

小さなゴールを設定しよう

大きな目標が決まったら、小さな目標を考えてみてください。
例えば、目標の期限を半年後と設定したら、〇ヶ月後、1ヶ月後、今週、今日の目標など、大きな目標を細かくして、日々の目標に落とし込んでみてください。
そうすることで今日の目標が明確になり、ランニングをすることが楽しくなってくると思います。

ぜひ大きなゴールと小さなゴールを考えてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、新しい習慣を続けるための環境づくりについて考えてみました。
皆さんも、新しい習慣を続けるための環境づくりをしてみませんか?
新しいことに挑戦することに遅いなんてことはありません。
ぜひ、思い立った時に始めてみてください!

最後まで読んでいたただいて、ありがとうございました!

Tomika