Architecture × Simple Life

「建築×シンプルライフ」に関する情報を発信します

【必見】独学で認定ファシリティマネジャー試験に1発合格するための勉強方法

f:id:ToMiKa:20191012131019j:plain

こんにちは!Tomikaです。

認定ファシリティマネジャーの試験に1発で合格した私が、認定ファシリティマネジャーに合格するための勉強方法について、ご紹介したいと思います!

 

 

認定ファシリティマネジャー試験の勉強期間

認定ファシリティマネジャーに合格するための勉強期間は3か月程度
勉強時間は150~200時間程度を見込んでおくのが良いと思います。

財務系の出題範囲は配点比率も大きいため、絶対に避けて通れません。
財務系は分かりづらいため、財務系を知識の無い状態から取り組むと、上記の勉強時間+20~30時間は見ておく必要があるため、180~230時間程度は必要かと思います。

スケジュールとしては、試験が7月中旬に行われるため、勉強は3月下旬から少しずつスタートしていき、最後の1ヶ月に本格的に勉強をしていくイメージになります。

法規で定められた数値等もあるため、丸暗記するしかない分野も多い試験です。
苦手な分野は最後の1ヶ月で集中して一気に暗記していきましょう!

 

認定ファシリティマネジャー試験の勉強に必要なもの

試験の勉強に必要なものは以下となります。
・参考書
・問題集 
それぞれについて、詳しく解説していきます。

 

参考書

使用する参考書は2冊です。
公益法人 日本ファシリティマネジメント協会の試験案内にも紹介されている。 

 

・総解説ファシリティマネジメント

総解説 ファシリティマネジメント

総解説 ファシリティマネジメント

 

 

 

・総解説ファシリティマネジメント 追補版 

総解説 ファシリティマネジメント 追補版

総解説 ファシリティマネジメント 追補版

 

 

 

※大型書店でも取り扱いが無いところや取り寄せとなる場合があるため、ネットで購入することをオススメします。

出題範囲はこの参考書の中から出題されるので、この2冊さえ丸暗記すれば、合格点は確実に取れます。

毎年、時事的な問題が出題されますが、出題範囲の予測が立てにくいのと、最新情報を集める手間を考えるとあまり効率的ではありません。時事的な問題は、どれだけ多くても概論とFMの実務Ⅰで10点ずつしか出題されない分野なので、情報系の分野は見切りをつけるというのも、戦略の一つだと思います。

この他にも参考書として”ファシリティマネジメントキーワード集”が試験案内で紹介されていますが、参考書と問題集で大まかな用語等が確認できるため、こちらは購入しなくても問題ないと思います。 

 

問題集

使用する問題集は以下の2冊です。 

最新4か年2019年度版認定ファシリティマネジャー資格試験問題集

最新4か年2019年度版認定ファシリティマネジャー資格試験問題集

  • 作者: 認定ファシリティマネジャー資格試験研究会,FM資格制度協議会,公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会
  • 出版社/メーカー: 公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会
  • 発売日: 2018/12/17
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

過去4年分の問題と簡単な解説がついた問題集です。
※こちらも大型書店でも取り扱いが無いところや取り寄せとなる場合があるため、ネットで購入することをオススメします。

ファシリティマネジャー試験論述対策

ファシリティマネジャー試験論述対策

 

 こちらは論述試験の書き方を知る上では、必要な本となります。Kindle版しかないため、Amazonのkindleアプリをスマホ、タブレットでダウンロードし、活用します。
※記述問題については、別の記事で解説しますので、そちらを参照してください。

 

認定ファシリティマネジャー試験に受かるための勉強方法

ここから認定ファシリティマネジャー試験に受かるための勉強方法について紹介していきます!

選択問題を合格する方法は「問題集と参考書の繰り返し」となります。 
まずは問題集を解くことから始めましょう!

「参考書を読むのではなく、問題集から始めるの?」と思われますが、初めから参考書を読んでも、頭に入りません。

この資格の試験範囲はかなり広範囲に渡りますので、まずは全体をサラッと見てみて、手が付けれそうな分野から始めることをオススメします。そして、分からない単語や内容を参考書で確認していくという方法で進めていけば、内容の理解も深まると思います。

学習手順としては、同分野の過去問題を2~3年分ほど行えば、その分野の傾向と対策が掴めると思います。
これにより、試験の出題内容や出題形式にも慣れることができます。
私はこの方法で、同じ分野を3~4回繰り返し学習する方法で、勉強を進めていきました。
過去問題については3年分、最低でも2年分を3~4回繰り返し学習ができれば、問題ないと思います。

 

まとめ

いままでお伝えした内容をまとめです! 

認定ファシリティマネジャー試験に1発合格するためには

  • 独学の勉強で全く問題ありません。
  • 過去問をやり、分からなかったところを参考書で確認する。
  • 過去問は3年分を3回繰り返し学習!勉強した時間が得点となる。

 皆さんも認定ファシリティマネジャー試験に合格して、認定ファシリティマネジャーになってください!!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

Tomika

Copyright © 2019 Tomikalog.com All Rights Reserved.