Architecture × Simple Life

「建築×シンプルライフ」に関する情報を発信します

使い続けて変化したお金との付き合い方 | Abrusus「薄い財布」

f:id:ToMiKa:20200104163529j:plain

Abrusus『 薄い財布Classic 』

持ち物で変わるモノとの付き合い方

「良いものを持つと、気分が高まる」
そんな経験はありませんか?
持ち物が変わると、自分の意識が変わるという経験を久しぶりにしました。
Abrusus「薄い財布Classic」を1ヶ月使い、お金との付き合い方が変わったので解説していきたいと思います。

 

Abrusus「薄い財布Classic」とは

Abrusus「薄い財布Classic」については、こちらの記事をご覧ください。

www.tomikalog.com

 

Abrusus「薄い財布Classic」を1ヶ月持ったことで変わったこと

f:id:ToMiKa:20200104164157j:plain

この財布に変えて変わったことは「お金との付き合い方」。

お札やカード、現金の収納量を最低限までそぎ落としされたこの財布を使うことで、特に現金との付き合い方が大きく変化しました。

 

小銭を持たなくなった

この小銭入れには10枚程度の小銭が収納できるのですが、小銭を持ち歩くと財布が膨らみ、この財布のスマートさが無くなると感じるようになりました。

会計時のお釣りに小銭を貰った時は、一日の終わりに小銭を貯金箱に入れるようになり、財布の中をすっきりさせることで、一日をリセットするようになりました。

 

財布の中身を把握できるようになった

長財布を使っていた時は、会計後にお釣りと一緒に貰っていたレシートや一度しか行ったことのないお店のポイントカードなど、色々なものを収納していました。

この財布にしてからは、自分の財布の中に不要なものを収納しなくなりました、

 

キャッシュレス化が進んだ

一番の大きな変化がこのキャッシュレス化が進んだこと。

Suicaの交通系ICやPayPayをはじめとしたスマホ決済を利用するようになり、現金を使うことの頻度が減りました。

 

持ち物をシンプルにしたい方にオススメしたい財布

この財布を持つことで、お金との付き合い方が大きく変わりました。

持ち物やライフスタイルをシンプルにしたい方にオススメしたい一品です。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

 

Tomika

 

Copyright © 2019 Tomikalog.com All Rights Reserved.