建築士Tomikaのシンプルライフ

建築、ライフスタイルを中心に本や映画、モノについて発信するBlogです。

読書の秋。本を通じて、違う世界を体験しよう。

こんにちは!Tomikaです。

季節があっという間に秋になり、すっかり寒くなってきました。

秋は「運動」や「食欲」、「芸術」、もしくは「睡眠」の秋などと言われるように、

秋は過ごしやすい季節なので何かを始めるにはちょうど良い季節ですよね。

そこで今回は、読書の秋というテーマで、秋の過ごし方についてご紹介していきたいと思います。

 

あなたにとって「秋」という季節は?

 

私という季節は、私にとって「読書」の秋です。

少し肌寒くなってきて、冷たい飲み物よりも暖かい飲み物が恋しくなってきます。

秋になるとゆったりとした気持ちになり、本を読みたくなります。

喫茶店や自宅でコーヒーを飲みながら、本をのんびり本を読んでいる時間がとても至福の時間です。

皆さんにとって、「秋」はどんな季節でしょうか?

 

読書を通じて、さまざまな体験をしませんか?

私は本を読むのが好きです。

秋に限らず、一年を通じて本を読んでいますが、秋は特に本を読みたくなります。

読む本のジャンルとしては、小説やビジネス書、自己啓発本などが好きで、よく読んでいます。
特に小説は、私たちが日常では体験できない経験を本(文字)というツールを介して体験できます。
本は私たちは文字という情報のみを通じて、その内容を空想し、物語を映像として見ています。

これは、どんな映像技術よりもすごいと思いませんか?

たとえば

「森の中にひっそりとたたずんでいる小屋」

という一節を読んだときに、そのイメージが頭の中に浮かび上がると思います。
人によっては霧がかかった森や薄暗い森など、細かい描写までが浮かび上がると思います。

私たちは文字という情報を通じて、日常では体験できないことが、1冊の本を通じて体験することができるのです。

1冊の本があれば、本が1冊あれば、どこへでも行けます。
本の世界の中であれば、時間や場所、性別や年齢も関係無くなります。
私たちは何にでもなれます。

こんな素敵な体験ができるのが、読書の魅力ではないでしょうか。

 

秋を感じながら、のんびりと読書をしていませんか?


いかがでしょう他でしょうか?

今回は、読書の秋というテーマで、秋の過ごし方についてご紹介していきたいと思います。

秋は、色々なことを始めるのに、とっても気持ちの良い季節です。

運動や趣味など、色々なことをしていきたいですよね。
ぜひ皆さんも、秋の過ごし方として、「読書の秋」を楽しんでませんか?

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

Tomika