Architecture × Simple Life

「建築×シンプルライフ」に関する情報を発信します

ビジネスバッグに身軽さを。UNOFUKU『Busitool DOUBLE ブリーフリュック』

f:id:ToMiKa:20191115210027j:plain

こんにちは!Tomikaです。


皆さんは仕事で使うカバンはどのようなものを使っていますか?
ビジネスバッグは多種多様なものがあり、迷ってしまいますよね。


今回は、私が使っているビジネスバッグ。
UNOFUKU(ウノフク)『Busitool DOUBLE ブリーフリュック』についてご紹介します!

 

ビジネスバッグに必要な「見た目」と「機能性」

f:id:ToMiKa:20191115210446j:plain

ビジネスマンの持つバッグには、「見た目」と「機能性」が重要です。
「見た目」はその人の持つ印象を左右する重要な要素です。
「見た目」ももちろん重要なのですが、ビジネスシーンにも対応できる収納力や使いやすさといった「機能性」も兼ね備えていなければいけません。

 

あなたにとって理想的なビジネスバッグとは?

ビジネスマンの持つバッグは、年々、多様化しています。

本来、スーツではあまり良しとされていなかった、リュックやトートバッグなどがビジネスシーンにも定着してきており、スーツに合わせてもスタイリッシュなデザインのリュックやトートバッグが出てきています。

 

あなたにとって理想的なビジネスバッグとは何か?

皆さんが、ビジネスバッグに対して「見た目」と「機能性」のバランスをどのように考えているかが重要です。

「見た目」を優先してしまうと、カバンの収納力や「機能性」が劣る。
「機能性」を優先してしまうと、「見た目」がカジュアルに寄りすぎてしまう。

どちらも大切な要素であるので、どちらかを一つを選択する必要はありません。
皆さんがどのような基準でこのバランスを考えているかが重要なのです。

私がビジネスバッグを選ぶ時に基準としたのが、以下の基準です。
打合せでクライアントに合う時にも失礼のないもの

  • PCを入れられて、通勤電車で快適に過ごせる、疲れにくいもの
  • ショルダータイプはスーツの形が崩れるのでNG
  • ポケットやファスナーがゴチャゴチャとしていないもの。
  • 基本はブリーフスタイルで使え。通勤時はリュックスタイルになるもの。

その結果、「手提げスタイルとリュックスタイルでシンプルなもの。」という基準になりました。

ビジネスバッグを探し、今回紹介するUNOFUKU『Busitool DOUBLE ブリーフリュック』を購入しました。


UNOFUKU『Busitool DOUBLE ブリーフリュック』

f:id:ToMiKa:20191115210027j:plain

今回紹介するUNOFUKU『Busitool DOUBLE ブリーフリュック』は、「見た目」と「機能性」のバランスがとても良かったのでご紹介します。

見た目は非常にシンプルなブリーフケーススタイルのビジネスバッグです。
こちらは手提げスタイル(縦、横)とリュックの2WAYスタイルになるビジネスバッグです。

大きさは約幅40x高30x奥行7cmで、A4サイズのノートパソコンがスッキリと入る大きさです。13インチタブレット収納ポケットがあるためカバンの中をスッキリ整理することができます。

外見は革のビジネスバッグですが、合皮なのでとても軽量です。
このビジネスバッグの重さは約900gと、軽くて使いやすいです。
合皮の表面の素材にも加工がしてあるため、傷がつきにくく目立ちにくいため、とても綺麗なスタイルを演出できます。
合皮素材のため、雨などで濡れてもお手入れが簡単です。

f:id:ToMiKa:20191115210832j:plain

カバンの開閉は、ラウンドタイプの両方向からのファスナータイプ。
表面にはファスナータイプのポケットが1箇所。
こちらは名刺やキーケース、スマートフォン等を入れるのに丁度よい大きさで、スッと出し入れできます。

f:id:ToMiKa:20191115210857j:plain

f:id:ToMiKa:20191115211355j:plain

f:id:ToMiKa:20191115211424j:plain

表面には1箇所ファスナーがあるだけなので、見た目はとてもシンプルで綺麗なデザインです。

f:id:ToMiKa:20191115210947j:plain

裏面はこんな感じ。
キャリーケースの取っ手に挟めるベルトと背面はメッシュタイプの素材でできています。
そのため、リュックスタイルで使ったときも蒸れにくく、背負った状態でも疲労感なく使えます。

 

f:id:ToMiKa:20191115211018j:plain

f:id:ToMiKa:20191115211044j:plain

 

f:id:ToMiKa:20191115211318j:plain

スタイリッシュな見た目を演出したいのであれば、手提げスタイルがおすすめです。
クライアントとの打合せや外出時にもスーツの形を崩さず、スタイリッシュな見た目を演出できます。 

f:id:ToMiKa:20191115211108j:plain
通勤時はリュックスタイルがおすすめです。
両手が開くので、満員電車でカバンを手に持つ必要が無いため、とっても楽になります。
またショルダータイプのように片方の肩に重さが集中しないため、長時間の移動も楽です。
リュックスタイルにした時もカバンの印象がそれほど変わらないため、違和感なく使えます。

 
まとめ

f:id:ToMiKa:20191115210027j:plain

いかがでしょうか?

今回は私の使っているカバン。メーカー名「カバンの名前」についてご紹介しました。
ビジネスバッグにも必要な「見た目」と「機能性」を兼ね備えていますので、是非おすすめです。

皆さんのビジネスバッグ選びの参考の1つにして貰えればうれしいです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

Tomika

Copyright © 2019 Tomikalog.com All Rights Reserved.