建築士Tomikaのシンプルライフ

建築、ライフスタイルを中心に本や映画、モノについて発信するBlogです。

冬は乾燥の季節。家にあるもので簡単にできる加湿対策をご紹介。

こんにちは、Tomikaです!

皆さんは冬の乾燥に対して、どのような対策をしていますか?

加湿器を使って室内を加湿することも乾燥対策としては有効ですが、加湿器に水を補充したり、加湿器の掃除などの手入れが必要であったり、色々と大変ですよね。

できれば家の中にあるもので、お部屋の中を加湿できたら良いと思いませんか?

そこで今回はお家にあるもので簡単にできる加湿対策についてご紹介していきたいと思います。

 

 

冬は1年の中で1番乾燥する季節

冬は空気が乾燥して、静電気や肌が乾燥しやすくなります。

空気が乾燥すると、肌のうるおいが無くなったり、髪がパサついたりしますよね?

夏の梅雨時期には70~80%の湿度があるのに対し、冬は10~20%まで湿度が下がります。

空気の乾燥により、インフルエンザや風邪といった病気が流行してくるため、普段よりも体調管理が気になる季節になります。

 

家にあるもので簡単にできる加湿対策

 それでは具体的に家にあるものでできる加湿対策についてご紹介していきたいと思います。

 

部屋干しをする

1つ目にご紹介するのは、洗濯物を部屋の中に干す部屋干しです。

洗濯物を部屋に干すことで、洗濯物の水分が部屋の中に蒸発し、部屋の湿度が高くなります。

思ったより室内は乾燥しています。

お風呂で使ったタオルを寝室に干すだけでも、加湿になるのでオススメです。

 

霧吹きを使って部屋を潤す

2つ目にご紹介するのは、霧吹きを使って部屋を加湿する方法です。

部屋の中に霧吹きを行うのも良いのですが、1つ目に紹介した部屋干しと同じように布に吹きかけるのも湿度を確保するのに効果的です。

部屋の空気が乾燥している時に即効性があるため、部屋が乾燥しているなって感じた時にオススメです。

 

観葉植物を室内に置いてみる

3つ目にご紹介するのは、部屋に観葉植物を置いて加湿する方法です。

植物を置くことで水分が空気中に蒸発して加湿してくれます。

観葉植物を室内に置くことで加湿してくれる上に、インテリアとしての役割を果たすので、生活にも潤いをもたらしてくれます。

 

お風呂あがりに浴室のドアを開けておく

4つ目にご紹介するのは、お風呂上りに浴室のドアを開けていく方法です。

お風呂から上がったら浴室のドアを開けておきましょう。

お風呂の湿気が室内に届くことで、室内の加湿効果もあります。

浴室の湿気対策にもなるため、一石二鳥です。

 

お湯を沸かしてみる

寒くなるとあったかい飲み物が飲みたくなりますよね?

お湯を沸かした時の蒸気を使って部屋の中の空気を加湿することができます。

やかんや鍋でお湯を沸かすことで、たくさんの蒸気が部屋に行き渡るので、簡単にお部屋を貸しるすることができます。

 

冬を快適に過ごすには加湿対策が大切

いかがでしたでしょうか?

今回はお家にあるもので簡単にできる加湿対策についてご紹介しました。

皆さんはどのような加湿対策をしていますか?

体調を崩しやすい季節ですので、しっかりと乾燥対策をして、楽しい冬を過ごしていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Tomika